2018年7月17日火曜日

展覧会案内 第40回 日本新工芸展・日本新工芸学生選抜展

第40回 日本新工芸展 
[同時開催] 第1回日本新工芸学生選抜展(近畿地区)

会期:2018年7月31日(火)~8月5日(日)
時間:午前10時から午後6時まで(最終日は午後3時まで、入場は閉館30分前まで)
場所:京都文化博物館5F
 



第1回日本新工芸学生選抜展
会期:2018年5月16日(水)~5月27日(日)
休館日:22日(火)
会場:国立新美術館(六本木)
本年度より開催される学生選抜展です
 

2018年7月10日火曜日

アートフェアのお知らせ 台湾

ART TAICHUNG 2018 台中藝術博覧會

2018年7月20日(金)~23日(日)
12:00~19:00
22日は、18:00まで
※プレビュー19日(木)15:00~20:00

会場:Millennium Hotels and Resorts
No. 77, Shizheng Rd., Xitun Dist., Taichung City, 40756 Taiwan

WEB: http://2018.art-taipei.com/

「アート台北の姉妹フェアです。台湾新北市のCC gallery  CC藝文空間より出品します。ブース№ 0902 台湾にお越しの際は是非お立ち寄りください。」

出品者/田中哲也






2018年6月20日水曜日

中国アーティスト・イン・レジデンス レポート3




富平陶芸村のオーナーのコレクションです。

膨大なコレクションを展示する為に大きな美術館が建設されていました。
2020年に完成予定だそうです。

今回のアート・イン・レジデンスで制作した作品です。

中国アーティスト・イン・レジデンス レポート2  景徳鎮編

富平のレジデンス滞在中に景徳鎮を訪れました。
 
 
景徳鎮では、陶渓川で開催された「春秋大集」というアートフェア、
カンファレンスのイベントに招聘されました。
 
カンファレンスでは、「Ceramics and Contemporary Art」と題してレクチャーをしました。
20分を予定していたのですが、質問される方が多かったのと、
英語から中国語への通訳もあったので、40分ほど喋りました。
 

景徳鎮では、今も染付の磁器が作られています。
畳一畳ぐらいもある陶板を反ったり
切れたりせず、焼き上げる技術には驚きました。
 

景徳鎮陶磁大学では、約1万人の学生が学んでいます。
ちなみに年間授業料は、約20万円だそうです。
 
1週間の景徳鎮滞在を終え、再び富平へ・・・
 
 
 
 
 

展覧会のお知らせ 京都

初めてのリトグラフ vol 2 いつもと違う版画女子

2018年6月26日(火)~7月1日(日)
open12:00~19:00(最終日は18:00まで)

京都市中京区河原町四条上ル塩屋町
TEL075-221-0117

「ジャンルの異なる作家がリトグラフに挑戦する、シリーズ第二弾。手慣れた仕事と慣れない仕事の狭間にある、作家の眼差しを愉しんでいただければ幸いです。」       展覧会DMより

出品者/重森陽子






展覧会のお知らせ 大阪

Ceramic Site 2018

2018年6月25日(月)~7月7日(土)
open11:00~19:00
土曜日は17:00まで/日曜日休廊

大阪市北区西天満4-3-3星光ビル
TEL&FAX06-6363-0493

「Ceramic Siteは関西を中心にこく内外を問わず活躍している現代陶芸作家による展覧会です。
現代陶芸の位置づけのひとつとしてご高覧いただければ幸いです。」
                                                展覧会カタログより

出品者/清水六兵衞・西村充


展覧会のお知らせ 京都

中野悟朗 陶磁展 「灯」

2018年6月19日(火)~6月24日(日)
open11:00~19:00 最終日は16:00

ギャラリー中井
京都市中京区木屋町通三条上ル
電話075-211-1253